1/4

高野山へと続く旧志賀野村「高野往来」の傍にその米蔵はあります。

瓦や壁が落ち間もなく取り壊される運命にあったそんな米蔵に新しい息を吹き込むことができました。

米蔵は少しずつ元気を取り戻しかつての賑わいを懐かしむかのように私達を優しく包んでくれます。

庭先の桜の木陰、小鳥たちの鳴き声、里山の暮らし、先人たちの思い・・・。

そして今度は「くらとくり」として、そこに集う人達と共に進化して行くのです。

ようこそ「くらとくり」へ。

 


 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now